きちんと相手に伝える

お客様から次の指名をもらうために試行錯誤をしている風俗嬢も多いかと思われます。
テクニックを身につけて次の指名をもらうというのも風俗においては立派な考えになります。
ですが、このテクニックよりも女性の精神的な面のほうが次の指名には繋がりやすいといわれているのです。
そういったプレイのテクニックよりも精神的な面のテクニックの一つに、お客様との別れ際の言葉にも気を使うということがあります。
もちろん言葉選びや言葉遣いといったことはプレイ中にも気を使わなければならないところなのですが、お客様からすればそんなことは当たり前の行為でもあるのです。
この別れ際というところが大きなポイントなのです。

たとえば、「○○さんとの時間はすごく楽しかったです」というようなことを別れ際に風俗嬢に言われて嫌になるお客様はいないはずです。
むしろ好感が持てて、次にまた指名してあげようかなという気持ちになるのかもしれないのです。
そもそも、風俗店で出会うお客様が良い人だったりユーモアがあって楽しい人だったりすることは結構あります。
そういったお客様に対しては、上記のようなストレートな言葉は非常に効果的でもあるのです。
そこで大事になってくるのが、すごく楽しかったことをきちんと伝えるということです。
お客様の名前もしっかり添えて、お客様との時間がすごく楽しかったことを伝えるようにしましょう。
そうすれば一緒にいた時間の重みが増すことになります。
相手の目を見てしっかり伝えるのがポイントであり、シンプルでストレートな言葉ほど、照れずに相手から目を逸らさずに伝えるのが大事なのです。

当たり前のことを述べていると思うかもしれませんが、意外とできなかったりする落とし穴ですので、しっかりと意識するだけで他の女性との差別化になると思われます。
とはいえ、本心から本当に楽しくなかったときはどうすればいいでしょうか。
正直なところ、本当は楽しくなかったけどお仕事だからこんなことを言わないといけないという場面ばかりになってきます。
ですが、そんな時でもしっかり取り繕えるのが「才弁」な人でもあるのです。
要するに精神論になるのですが、これができると他のことも上手にできるようになりますので、もしも今できていないのならできるように少しだけ頑張ってみるのもいいかもしれません。

先ほども述べましたが、これができるとできないでは指名の数にも大きく影響してきますし、指名の数が影響してくるということはお給料にも大きく影響されてくるのです。
嘘をつくというのは決して楽な行為ではありませんが、その嘘で誰も傷つかないのであれば何の問題もないと思われます。
お客様も喜び、そして女性も指名に繋がりお給料が増えればそれはそれでウィンウィンの関係ではないでしょうか。